准看護師から正看護師になる方法

もちろん、正看護師のほうがずっと恵まれています。私が正看護師を選んだのも、やっぱりいろんな面で正看護師のほうが将来的に見ても有利だと思ったからです。

ですから、准看護師の資格を持っている人が、その後正看護師の資格を目指すケースも少なくありません。しかし、准看護師の資格を持っているだけでは、正看護師国家試験の受験資格は得られないんですよね。では、准看護師が正看護師になるためには、どういう条件をクリアすればいいのでしょう?

どちらにせよ、准看護師から正看護師になるまでには、かなりの年数がかかるということですね。准看護師の資格は正看護師に比べて早く取得することができますが、その後に正看護師になろうと思うと、ずいぶん遠回りをしてしまう、という結果になります。

一般に、正看護師と準看護師の仕事については、そんなに大きく違う点はありません。

でも、準看護師だと、医師か看護師による指示により、仕事をするように、決められており、仕事の際には、やっぱり、正看護師が上の立場と決まってくるでしょう。

年収では、それぞれ病院によって規定があり、普通、差があるものです。

基本的に、看護師の仕事は医者の診療を助けることから、入院患者の日々のお世話までかなり広範囲の勤務内容で勤務時間が長時間だったり夜の勤務も多かったりという厳しい仕事です。

辛い体力勝負の仕事にも関わらず、それに釣り合ったお給料がもらえない事も大きな不満のひとつとなっているようです。

多くの看護師が持つ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。

せっかくのお休みにも誰とも都合が合わないといった辛さがあるようです。

または、労働環境が過酷で忙しくて休みが取れないケースもあります。

こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤のみで働ける病院であればそれが可能ですので、転職を考えるのが良いでしょう。

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。

仕事場においては一般的に、2交代、もしくは、3交代のシフト制になっていることが多いです。

約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。

首都圏の求人情報に焦点を当てていることで多くの人に知られているのが、看護師の転職情報が充実している看護roo!だと思います。

取り扱っている求人情報数がとても豊富にあり、豊富な情報量が多くの人に満足されているのでしょう。

求人数がたくさんあれば、それだけ転職をすることができた方もたくさん存在するということです。

転職を考える看護師がいる場合にも、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して見つけようとするのがよくあることだと思います。

ですが、注意が必要なのは求人を出すのが、このような媒体の病院というのは少数派です。

ハローワークや求人情報誌などに看護師募集を頼っている病院は労働条件や職場環境がよくなくて求人数に対して、応募人数が少ない病院です。

看護師の数が少ないという医療機関も結構あるので、再就職は素晴らしいと思います。

しかし、あまり仕事をしていた時期から経過しているとなんだか不安でしょう。

転職を斡旋してくれるサイトなどを効果的に活用して困ったときに、相談にのってもらえるような機能を使用するのがオススメです。

働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。

時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。

単にパートの時給としてみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、専門職である人命に関わる看護師であり、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、あまり良い時給ではないのかもしれません。

様々な病気を患い心細い患者にとっては看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。

ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。

覚える必要のあるいくつもの作業やチェックを繰り返し、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。

なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。

責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。

なにはともあれ、看護師は患者の命に関係する仕事ですから、相当、神経を使うでしょう。

だというのに、あまり高給とは感じられない給料で一生懸命に仕事をこなしています。

そのような看護師の仕事に対するモチベーションを向上させるために、ぜひ、高給にしてほしいと感じています。

看護師の仕事を選択する、欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。

初任給で考えても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、収入が高めだといえるはずです。

しかしながら、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに返していかなければなりません。

看護師が転職を行う場合は履歴書をちゃんと書かなくてはいけません。

転職を成功させたいなら、履歴書を書く際にもコツが少しばかりあるものです。

まず使用する写真は、過去三ヶ月以内に撮った新しいものを使います。

さらに、住所、氏名等の記入項目はより正確に美しい字でわかりやすく丁寧に書いていくことが大切なことです。

昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。

日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて勤務先によっては、急患にも対応する等、看護師のほとんどがかなりの重労働をこなしているといわれています。

少しずつ看護師を志す男性も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、ストレスにやられてしまったり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも分からなくはない話です。

看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、一にも経験、二にも経験となります。

ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、というものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。

ところで、更なるスキル向上を狙って転職を考え始める人もいるようです。

様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行ってさらに能力をアップさせたいと願う、チャレンジ精神からきた動機です。

少子高齢化社会と呼ばれてきている日本で深刻視され続けているのが、医療人員の不足です。

大々的に報道されて注目されることが増えています。

ナースに憧れ、競争率の高い国家資格を手にすることができたのに、辞職する人が後を絶ちません。

理由として、就職する前に考えていたこととの差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。

関連ページ